委員長: 今井 秀樹 (中央大学),副委員長: 田中 英彦 (情報セキュリティ大学院大学)
幹事: 坂井 修一 (東京大学),宮地 充子 (北陸先端科学技術大学院大学)

   問い合わせ先 :

提言『安全・安心を実現する情報社会基盤の普及に向けて』に関するアンケート

アンケート結果: 情報社会基盤に関する重要性及び緊急性

アンケートは終了しました.御協力ありがとうございました.

  名前 (任意):

  E-mail (任意):


所属を以下からご選択下さい:

  企業(IT関連)   企業(ITユーザ)   企業(その他)   地方公務員
  国家公務員   教育機関(小中高)   教育機関(大学)   学生   その他

 (1) 緊急に対処を要する重要案件について各項目の重要度及び緊急度をお答え下さい。
    また,各項目へのご意見などをお願いします。(最小0 → 5最大)

 ① 情報社会基盤に関する法制度及び資格認定制度の整備

  重要度: 0 1 2 3 4 5
  緊急度: 0 1 2 3 4 5

 ご意見:

 ② 安全で安心な情報社会基盤の管理・運用体制の整備

  重要度: 0 1 2 3 4 5
  緊急度: 0 1 2 3 4 5

 ご意見:

 ③ 情報学 (※) に関する教育制度の構築

          (※) 情報学とは情報社会の活動の中核を支える学問

  重要度: 0 1 2 3 4 5
  緊急度: 0 1 2 3 4 5

 ご意見:

 ④ 情報システムの脆弱性に関わる事故調査委員会の設置

  重要度: 0 1 2 3 4 5
  緊急度: 0 1 2 3 4 5

 ご意見:

 (2) 情報社会基盤政策機関の設立について各項目へのご意見などをお願いします。

 ① 行政に関して
 ご意見:

 ② 企業に関して
 ご意見:

 ③ 学協会に関して
 ご意見:

 ④ 公的機関に関して
 ご意見:

 ⑤ 今後の日本学術会議情報学委員会セキュリティ・ディペンダビリティ分科会の対応について
 ご意見:

 (3) 情報社会基盤政策機関構成案についてご意見などをお願いします。
 ご意見: