Top | 研究室紹介 | メンバー紹介 | 研究室業績 | 学会関連 | 関連情報 | イベント | English


    教授 宮地 充子 (1998-)

    TOP 
    論文  解説論文・招待講演  著書  研究内容  受賞暦 
    国際・国内貢献  国際会議プログラム委員  共著者リスト  楕円暗号の初期研究  講義資料 

    研究内容

    1. 情報セキュリティ
      ネットワークの普及に伴い重要になる情報セキュリテイに関する研究.
      特に、署名、ユーザ認証、鍵共有法等のプロトコル設計及び安全性の
      解析。その応用であるネットワークセキュリティやエージェント,
      モバイルエージェントを用いたセキュリティに関する研究。

    2. 数論アルゴリズム
      公開鍵暗号の基礎理論となる数論アルゴリズムの研究。特に、加算連
      鎖法等の演算アルゴリズムや離散対数問題や楕円曲線上の離散対問題等の研究。

    3. アプリケーション
      電子著作物の著作権やネットワークにおける不正アクセス、ウィルス抑制ソフト
      等の研究。電子オークション,電子商取引などのアプリケーション的な研究。

    4. セキュリティ技術の標準化
      情報セキュリティ技術の標準化。