Top | 研究室紹介 | メンバー紹介 | 研究室業績 | 学会関連 | 関連情報 | イベント | English


    ネットワークコーディングにおける汚染攻撃の検知に関する研究

    従来のネットワーク伝送に代わる技術として, ネットワークコーディングの研究が行われている. 2000年にAhlswedeらによってその概念が提案されて以来注目を浴び, 分散ストレージ, P2Pによるコンテンツ配信, ワイヤレスネットワークなど, 様々な応用技術について研究が進められている. ネットワークコーディングでは複数のノードから受け取ったデータを一括して符号化する. これにより, マルチキャスト通信における最大フローを達成することが証明されている. 他にも, パケット損失やリンク障害に対する頑健性の向上, ワイヤレスネットワークにおけるリソース消費の削減といった利点が挙げられる. しかし, パケットの合成を行うことから, 汚染攻撃に弱いことが問題となっている. 悪意のある攻撃者により不正なパケットがネットワーク内に送信されると, 符号化により他のパケットが汚染される. 受信者は正しいデータに復号できなくなる他, 不正なデータによる汚染がネットワーク中に拡散されるため, ネットワークリソースを大幅に消費してしまう. 本研究では, 複数の送信者からのパケットの合成に対応したネットワークコーディングに対する汚染攻撃の検知手法について提案し, 既存研究との比較, 評価を行う.


    [ back ]