Top | 研究室紹介 | メンバー紹介 | 研究室業績 | 学会関連 | 関連情報 | イベント | English


    楕円曲線暗号におけるスカラー倍算の効率化に関する研究

    楕円曲線暗号の暗号化処理は主にスカラー倍算(kP) により構成される.
    その高速化に向けた有力な手法として,バイナリ表現に比べ,Non-Zero digit
    の数を大きく削減可能なDBNS(Double-Base Number System) 表現を利用す
    る手法がある.しかしながら,DBNS を利用した既存手法では,DBNS 表現の
    導出にGreedy Algorithm を用いており,スカラー倍算の高速化において最適
    なDBNS 表現の導出が困難である.本研究では,既存研究に対し,よりスカラ
    ー倍算の高速化に適したDBNS 表現の導出方法について提案する. 
    


    [ back ]