Top | 研究室紹介 | メンバー紹介 | 研究室業績 | 学会関連 | 関連情報 | イベント | English


    グループ鍵共有法に関する研究


    本研究では,グループ間(2メンバ以上)での公衆網を利用した秘匿通信に必要な秘密鍵 (グループ鍵)
    共有法について, 鍵共有を行う状況 (メンバ,通信方式) を明確にし,その状況に最適な効率性や安全性
    を提供する手法の提案を目的とする. 特に, 既存方式における通信量や端末の計算量, メモリ利用効率
    を改善した, 軽量かつ証明可能安全なグループ鍵共有プロトコルを構築する.第一に安全性については, 
    既存方式で定義された外部攻撃者や内部攻撃者モデルを仮定し, グループ鍵自体の安全性, 及び正当な
    メンバのみがグループ鍵を共有し得る安全性について既存方式を研究することで, 実用性を考慮した適
    切な安全性を定義する. 第二に効率性については, 鍵共有に要する通信グループの動的変化(鍵共有グ
    ループメンバの入れ替わり)に対して適応的な既存手法を研究し, 特にネットワークトポロジの再構築
    に伴う鍵更新が容易であり, かつ通信ネットワークや計算端末にかかる負荷を考慮した方式を提案する.
    また, 既存方式でメッセージ認証に用いるデジタル署名に要する最小計算量を導くほか, 近年研究され
    ているIDベース署名の応用も検討する. 
    
    


    [ back ]