Top | 研究室紹介 | メンバー紹介 | 研究室業績 | 学会関連 | 関連情報 | イベント | English


    ワイヤレスセンサネットワークのセキュリティに関する研究


    現在,ワイヤレスネットワーク(WSN)のセキュリティに関する研究としてForward secrecyや
    Backward secrecy,Self Healingなどの性質を満たす方式が提案されている.特に近年ではセ
    ンサ同士が協力して鍵やデータの管理・認証を行う方式が注目されている.WSN では計算能力
    や電源容量に限界があるため,ストレージ及び通信のオーバーヘッドを低く抑えなければならない.
    既存の方式では共通鍵暗号方式や一方向性ハッシュ関数を用いることで計算能力の低いセンサ
    でも安全性を確保している.しかしながら,Forward secrecy,Backward secrecy,Self Healing 
    まで満たすとセンサのストレージや通信のオーバーヘッドが大きくなる問題がある.本研究の
    目的は,センサ同士が協力するというアイディアを利用しWSN に必要なセキュリティ要件・資
    源的制約を満たすとともに,ストレージ及びオーバーヘッドが少ない鍵・データの管理及び認
    証に関する方式を提案することである.
    
    


    [ back ]