Top | 研究室紹介 | メンバー紹介 | 研究室業績 | 学会関連 | 関連情報 | イベント | English


    楕円曲線暗号の効率的な実装に関する研究


    
    楕円曲線暗号ではスカラー値kを秘密鍵とし,楕円曲線上の点Pに関してスカラー倍kP=P+P+P+...+P
    を求める計算を行なう.楕円曲線暗号を高速化するためには、このスカラー倍算の計算量を減らし、
    多項式時間で実行することが重要である.
    
    研究内容
    
    スカラー倍算を多項式時間で行なうための基本的なアルゴリズムは,バイナリ法と呼ばれる.
    バイナリ法では,kを2進数のビット列に展開し,ビットが1のところだけ加算を行なう.
    さらに加算の回数を減らす方法として、スカラー値kを2の冪と3の冪の積の和に展開する方法について、
    研究を行なっている.
    
    


    [ back ]