Top | 研究室紹介 | メンバー紹介 | 研究室業績 | 学会関連 | 関連情報 | イベント | English


    楕円曲線暗号に適した楕円曲線の生成に関する研究


    ペアリングを利用した楕円曲線暗号は近年盛んに研究されている.ペアリングと
    は$E (\Fq)$ の部分群から$\F_{q^k} ^*$への写像であり,像の拡大体の拡大次
    数$k$を埋め込み次数と呼ぶ.ペアリングを用いた暗号構築ではこの埋め込み次
    数の値が非常に重要である.一般的に埋め込み次数は定義体のサイズに比例す
    るので暗号にペアリングを利用する場合,埋め込み次数が非常に大きな値とな
    る確率が高い.
    埋め込み次数は楕円曲線により決まるので,暗号利用に適した埋め込み次数を持
    つ楕円曲線を構成する事はペアリングを用いた暗号方式の設計には必須である.
    本研究ではある特定の埋め込み次数を持つ曲線を生成する方法について述べる.
    


    【戻る】