Top | 研究室紹介 | メンバー紹介 | 研究室業績 | 学会関連 | 関連情報 | イベント | English


    共通鍵暗号の安全性に関する研究


    共通鍵暗号は公開鍵暗号と比べて高速な動作とコンパクトな実装が可能となっており,
    大量のデータの暗号化やIC カード,携帯電話などの低速なCPUの機器での暗号化に用いられる.
    共通鍵暗号はブロック暗号とストリーム暗号に分類される.RC4 はRon Rivestによって1987 年に
    開発されたSSL やWEP などで広く用いられているストリーム暗号である.
    連続した2 出力(digraph) の現れ方に偏りがあることを利用した解析手法が提案されている.
    しかし,digraph が現れる時の内部状態遷移に関しては一部を除き明らかになっていない.
    本研究では,RC4 において連続して同じ値が出たdigraph に着目し,その様なdigraph が現れた
    場合の内部状態について解析を行った.また,PRGA の初期内部状態Sの2 要素のみが異なる場合
    に着目し,その出力の類似性により偏差が現れていることを示すと共に,その偏差の出現する挙動
    を解明した.
    
    


    【戻る】