Top | 研究室紹介 | メンバー紹介 | 研究室業績 | 学会関連 | 関連情報 | イベント | English

AsiaCrypt 2014台湾 2014.12.7-11

  1. 参加者:宮地先生
  2. 学会の様子:
    164 人が参加しており盛況だが,IACR系の学会としては.参加人数が少ないようだ. 参加国数は27カ国で,最大の参加国はフランスで24人,次に台湾,日本と続く. 投稿件数は 255 件で,55件の採択,採択率は 55/255=21.6 %ぐらいである. LNCS はUSB配布,本の希望者は別途購入することで,参加費用を抑えているようだ.
    発表内容は共通鍵暗号系,公開鍵暗号証明系,素因数分解・離散対数問題の 解読,加算連鎖,難読化など多岐にわたり,バランスのとれた構成といえる. その反面,アプリケーションやセキュリティ,プライバシ系の論文は なかった.


【戻る】