◆平成17年9月 北陸情報セキュリティ研究会 プログラム

■日時:平成17年9月30日 (金) 13時30分~16時15分
■場所:福井大学 工学部1号館2階 電気・電子工学科会議室
■プログラム (発表時間は質疑応答を含む)

13:30-14:00
RC6 のΧ二乗攻撃の計算量の削減へのアプローチについて
樋上智彦(北陸先端大)

14:00-14:30
サービス不能攻撃への対策に関する検討
双紙正和(北陸先端大)

14:30-15:15 休憩

15:15-15:45
変動マーキング確率を用いたIPトレースバックの効果
寺田剛陽(北陸先端大)

15:45-16:15
素因数分解に基づく無衝突関数を用いたコミットメント方式について
廣瀬勝一(福井大)

========================================================================

Meeting for Hokuriku Information Security Society
*DATE: Sep. 30 2005 13:30-16:15
*PLACE: E&E Eng. Meeting Room, Bldg. 1, Faculty of Eng., Univ. Fukui

13:30-14:00
On the approach to reduce the work complexity of  $\chi2$ attack on RC 6
Tomohiko Hinoue (JAIST)

14:00-14:30
Consideration for Countermeasures against DoS attacks Masakazu Soshi (JAIST)

14:30-15:15 Break

15:15-15:45
Effects of IP Traceback Scheme with Variable Marking Probability Takeaki
Terada (JAIST)

15:45-16:15
A note on commitment schemes using collision-resistant functions based on
factoring Shoichi Hirose (Univ. Fukui)


[戻る ]